読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

ESXi Embedded Host Clientで無償版ESXiライセンス適用のサーバーが使えるようになっていました

VMware vSphereは5.1からvSphere Web Clientを使うことを推奨されていました。最新の6.xでも同様なのですが、vSphere Web Clientを使う条件として有償版のESXiのライセンスとvCenter Serverのライセンスが必要でした。なので、依然として無償のESXiを使うにはvSphere Clientを使う必要がありました。

ここ最近ずっとESXi Embedded Host Clientを追っかけていたのですが、ESXi 6.0 U2及び5.5 Patch 8と最新のESXi Embedded Host Clientの組み合わせで無償のESXiライセンスを適用したESXiサーバーもサポートするようになったようです。これまで起動していない仮想マシンの多くの制御(新規仮想マシンの作成、仮想マシンの起動、仮想マシンの設定変更など)ができませんでしたが、双方のアップデートによってその制限がなくなっていました。

labs.vmware.com

今回試したバージョン

f:id:ytooyama:20160509214346p:plain

仮想マシンの新規作成を実行しているところ

f:id:ytooyama:20160509214459p:plain

これで多くの作業はWebブラウザーだけでできるようになりそうです。ちなみにESXi Embedded Host ClientはHTML5ベースのWebアプリケーションで、コンソールも表示できます。

仮想マシンのコンソール表示はHTML5対応なのでプラグインレスで可能

f:id:ytooyama:20160509214747p:plain

ESXi Embedded Host Clientは最近のバージョンのESXiをインストールするとデフォルトで利用可能になるようです。ただしLabで配布しているバージョンの方が新しいため、おそらく新しいバージョンにアップデートすることで無償版ESXiライセンス適用のサーバーに対応できると思います。そのうち試してみます。