ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Windows Server 2019でWSLをつかってみた

最近一部で話題のWindows版Linuxこと、Windows Subsystem for LinuxをWindows Server 2019で使ってみました。Windows Subsystem for Linux自体は以前のWindows Server 2016などやWindows 10などでも利用できましたが、今回のバージョンは正式リリース版なんだそうです。

インストール方法

次のページを見るだけですぐ動かせます。Windows 10ではWindowsストアからWSLのLinuxパッケージをダウンロードする必要がありますが、サーバーではコマンドラインでLinuxパッケージをダウンロードしてセットアップできるようです。

動かしたところ(画像)

f:id:ytooyama:20181013002036p:plain:w430

インストール後の使い方ですが、コマンドプロンプトやPowerShellを起動してbashと実行すると、WSLにログインできます。ログアウトするにはexitを実行します。

WSL内はいわゆる普通のLinux同然なので、パッケージ管理用のコマンドを実行するとCLIツールを導入できます。ただしWSLの仕様上、サービスは起動できません。

頑張ればLinuxデスクトップアプリもX 11転送で飛ばせるんだとか。

他に情報があれば、本記事に追記したいと思います。