読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

DHCPサーバーを構築

dnsmasqでDHCP/DNSサーバーを動かしてしばらく問題がなかったのですが、最近、今これを書いているMacBook Proで有線からはDHCPサーバーからIPアドレスを取れるのに無線からは取れないという、奇妙な現象が起きるようになりました。
ちなみにMac以外の機器(iPhoneなど)は問題なくDHCPリクエストするとIPアドレスを取得できています。

Macの問題かと思い、ためしにdnsmasqを停止してPR-S300NEのDHCPを有効にしたら有線、無線問わずIPアドレスが取れます。つまりMacの問題ではなく、dnsmasqの問題の可能性が高くなりました。

サービスの稼働状況やポートの状態、ログを見たものの結局よく分からず、dnsmasqでは名前解決だけやらせることにして、ISC DHCPを導入してしまいました。手順はこちらのサイトを参考にしました。

/etc/dhcp/dhcpd.confは次の通り設定しました。

#global
ddns-update-style none;
ignore client-updates;
log-facility local7;
not authoritative;


#subnet
subnet 192.168.1.0 netmask 255.255.255.0 {
option routers 192.168.1.1;
option subnet-mask 255.255.255.0;
option domain-name "local.tooyama.org";
option domain-search "local.tooyama.org";
option domain-name-servers 192.168.1.6;
range dynamic-bootp 192.168.1.150 192.168.1.239;
default-lease-time 21600;
max-lease-time 43200;
}

ちなみにconfファイルのサンプルは以下のパスにあるようです。

/usr/share/doc/dhcp/dhcpd.conf.example

設定のほとんどは参考サイトの通りですが、「ddns-update-style」だけ異なる設定にしました。

ddns-update-style」は、DynamicDNS(動的DNS)情報の更新方法について指定するものだそうです。私が想定する環境では必要なかったので、ここではnoneを指定しました。

現時点では想定通り動いています。様子をみたいと思います。