ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

PowerCLIのインストール方法がいつの間にか変わっていた

従来、VMware vSphere環境のコマンド環境のひとつであるVMware PowerCLIは、Windowsインストーラー形式で提供されていましたが、PowerCLI 6.5.1以降のバージョンはMicrosoft PowerShell deployment modelsにあわせた作りに変更されたようです。ちなみにPowerCLI 6.5.1(やこれ以前のバージョン)は現在もVMwareのサイトからインストーラーバージョンをダウンロードできます。ただし、6.5.2以降に追加された新しい機能は利用できないようです。参考: PowerCLI 6.5.2について / PowerCLI 6.5.3について

インストール方法

インストール方法は下記で解説されているとおりです。割とすんなり動きました。

blogs.vmware.com

www.powershellgallery.com

注意点

ただ、現在のバージョンはインストール中、次のようなランタイムエラーが頻繁に発生するようです。

f:id:ytooyama:20171031004108p:plain:w400

現状のバージョンのバグのような気がしますが、今のところは無視してインストールを続行していくとPowerCLI自体は動きました。一個目のページの最後にあるように、ショートカットを作っておくと便利ですね。