ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Ubuntu Xenial (16.04) でLinux kernel 4.10が利用可能に

Ubuntu Xenialでlinux-generic-hwe-16.04をインストールしている場合、Linux kernel 4.10が利用可能になったようです。 アップデートしようとしたら出てきました。 今日はそれだけです。

~$ sudo apt-get dist-upgrade
Reading package lists... Done
Building dependency tree
Reading state information... Done
Calculating upgrade... Done
The following NEW packages will be installed:
  linux-headers-4.10.0-27 linux-headers-4.10.0-27-generic
  linux-image-4.10.0-27-generic linux-image-extra-4.10.0-27-generic
The following packages will be upgraded:
  linux-generic-hwe-16.04 linux-headers-generic-hwe-16.04
  linux-image-generic-hwe-16.04
3 upgraded, 4 newly installed, 0 to remove and 0 not upgraded.
Need to get 61.2 MB of archives.
After this operation, 308 MB of additional disk space will be used.
Do you want to continue? [Y/n]

ちなみにLinux kernel 4.10の変更点一覧

kernelnewbies.org

そのほか

Debian 8.9への更新

検証用のVLAN環境で色々動かしているDebian Jessieのアップデートを行った。バージョンが8.9になった。そろそろDebian 9にしようか、どうしようか。

RHEL7.4 Betaのカーネルを触ってみた

CentOS 7.3でRHEL7.4 Betaのカーネルをビルドして動かしてみた。ネットワークパフォーマンスが上がった。噂通りEL 7.4は期待できそう。ちなみにCentOS 7.3でRHEL7.4 Betaのカーネルを動かした理由ですがDPDK+OVS環境のパフォーマンスが上がるか調べたかったためです。予想通り良い結果が出てホッとしています。

MAAS 2.2が標準リポジトリーで提供されるようになった

MAAS 2.2がUbuntu Xenialのメインリポジトリーにてインストール可能になった模様(7/20頃?)。しばらく2.2系を使いたいので、PPAは-rオプションで削除した。