ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Bashのコマンド補完「bash-completion」を忘れずに入れようと思った

Bashでコマンドの補完をするのはBash Completionを利用すると便利。 CentOS 7をminimalインストールした場合はBash Completionパッケージが入っていないので入れると良い。 これで長い名前のサービス名を手打ちする必要がなくなる。

bash-completionパッケージは標準リポジトリーにあるのでインストールする。 bash-completionパッケージをインストール後もコマンドの補完ができないと思ったら、「インストール後は一旦ログアウト&ログインが必要」であることをすっかり忘れていた。

再ログイン後はコマンドの補完が[tab]キーで行えるようになっていた。

~]# yum install bash-completion
~]# complete
~]# logout

~]# complete
complete -F _minimal
complete -F _filedir_xspec oodraw
complete -F _filedir_xspec elinks
...

~]# systemctl s [tabキーを2回叩いてみる]
set-default       show              start             suspend
set-environment   show-environment  status            switch-root
set-property      snapshot          stop

~]# systemctl restart ht [tabキーを2回叩いてみる]
htcacheclean.service  httpd.service

なんでこんな基本的なことを今更書いたかというと、最近は自分しか触らない環境は真っ先にzshを入れて切り替えてしまうので、すっかり忘れていたのでまた忘れないように書いた訳である。