ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Ubuntu MATE 16.04.2(32bit)がAcer Aspire ONE AOA 150-Bbで動作しました

ネットブック。 それは、2007年頃から各PCメーカーから発売され、2012年に市場から消えたノートPCでもなく、タブレット型コンピューターでもない小型PC。

私もその軽さや小ささに惹かれて購入したものの、数ヶ月使ってキーボードや画面の小ささから操作しづらく、次第に使わなくなったのを覚えています。 さらにOSもWindows XPしか公式サポートしていないので、新しいバージョンのWindowsへのアップグレードも簡単にできないし、いろいろあって最後は妹が数年使って、気がついたら手元に戻ってきていました。

それからまた数年経って、先日部屋の掃除をしていたらAcer Aspire ONE AOA 150-Bb(ZG5)を見つけました。 起動してみるとXPのロゴ。懐かしいような嫌な思い出が蘇るような。

昔と比べて(多少)気が長くなったのか、割とサクサク動いているような気がしました。 じゃあ、このマシンを何かに使えないかと思ったところ、Ubuntuの16.04が動作するような情報を発見。

早速、32bit版のUbuntu Desktopをダウンロードすることに。 今回は私の好みでUbuntu MATEをインストールすることにしました。

f:id:ytooyama:20170530115521j:plain

Ubuntu MATE 16.04.2 32bit + Acer Aspire ONE AOA 150-Bbが動作しました。無線LANも利用できました(ただし無線の2.4GHzのみ対応)。ちなみにちょっと体感で遅いかなと思う程度の操作感です。あのころのNTFSよりもEXT4の方が読み書きか速いから結果、体感速度で速く感じるってことなのだろうか。

インストール方法は

と簡単でした。久しぶりに電源を入れる場合はBIOSの時刻が初期化されている場合があるので、そちらもチェックした方がいいと思います。

作業端末にする予定ですがこのマシン、無線LANが繋がらなくなることがたまにあるようで、電源を切ったあと、ACとバッテリーを取り外して数分放置してバッテリー、電源を入れ直すと右下の無線LANスイッチがうまく動くようになるとか…なんだそりゃ。

ちなみに、MacBook Proもびっくりなほど爆熱です。Windows XPで動いていた時もこんな感じだったので、このころのAtom CPUってそんなもんなんでしょう。多分