読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Vagrant+VirtualBoxで準仮想ネットワークを使う方法

VirtualBoxではVirtualBox 3.1から準仮想ネットワーク(virtio-net)をサポートしています。 これを使うと簡単に言えばネットワークパフォーマンスが向上します。少しでも速くて「軽い」ほうがいいですよね?

で、どうするかというと次のページにあるようにそれぞれの設定に「nic_type: “virtio"」を追加すれば良いみたいです。

www.vagrantup.com

以下にVagrantfileのサンプルを例示してみます。 注意点としてはなぜかこの記述を入れるとFedoraの公式Vagrantファイルがログインできる状態にならないということです。CentOS 7とUbuntu Xenial(16.04)の公式イメージでは問題なく利用できました。

ちなみにデフォルトで割り当てられるNATネットワークの方は手動でvirtio-netに切り替えると準仮想ネットワークが利用できるようです。これで多少CPU使用率が下がればいいですね。仕組み上は完全仮想ドライバーよりもCPU使用率は下がるはずですから。

# -*- mode: ruby -*-
# vi: set ft=ruby :

# All Vagrant configuration is done below. The "2" in Vagrant.configure
# configures the configuration version (we support older styles for
# backwards compatibility). Please don't change it unless you know what
# you're doing.


  # The most common configuration options are documented and commented below.
  # For a complete reference, please see the online documentation at
  # https://docs.vagrantup.com.

#custum config
Vagrant.configure(2) do |config|
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"
config.vbguest.auto_update = false

#Global
  config.vm.provider "virtualbox" do |vb|
    # Use VBoxManage to customize the VM.
    vb.customize [
      "modifyvm", :id,
      "--cpus", "1",
      "--memory", "1024",
      "--paravirtprovider", "kvm",
    ]
  end

#CentOS7
 config.vm.define :cent7n0 do |cent7n0|
  cent7n0.vm.box = "cent/7"
  cent7n0.vm.hostname = "cent0"
  cent7n0.vm.network "private_network", ip: "192.168.0.211", nic_type: "virtio"
 end
...
end