読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

El Capitan 10.11.5へアップデート後、Samba上のファイルをFinderで閲覧すると遅い

El Capitan 10.11.5でSamba共有上のISOファイル置き場で右クリックしようとするとレインボーカーソルがすごい頻度で表示されて10秒くらい待たされると言う問題に悩まされていました。

調べたらいろいろ出てきました。

この問題は以下の条件の時に発動するようです。

  • Samba上にあるファイルである(あっ...)
  • カラム表示を使っている(あっ...)
  • プレビュー欄を表示をオンに設定(あっ...)

ホームラン!!

ちなみに「プレビュー欄を表示」はここのことです。確かに「プレビュー欄を表示をオフ」にするだけでレインボーカーソルが出てこないような気がします。

f:id:ytooyama:20160708215808p:plain

この設定は該当のフォルダを開いた時にフォルダ内で「右クリック→表示オプションを表示」をクリックすると設定できます。それにしても「表示オプションを表示」ってなんか気持ち悪い訳ですね。

[2016/7/8 追記]

ちなみに以下で試したところ再現しないように見えます。

max protocol = SMB2をわざと指定したので「SMB_2.1」で通信しているようですね。

$ smbutil statshares -a

================================================================================
SHARE                         ATTRIBUTE TYPE                VALUE
================================================================================
public
                              SERVER_NAME                   192.168.1.160
                              USER_ID                       501
                              SMB_NEGOTIATE                 AUTO_NEGOTIATE
                              SMB_VERSION                   SMB_2.1
                              SMB_SHARE_TYPE                DISK
                              SIGNING_SUPPORTED             TRUE
                              EXTENDED_SECURITY_SUPPORTED   TRUE
                              LARGE_FILE_SUPPORTED          TRUE
                              CLIENT_REQUIRES_SIGNING       TRUE
                              DFS_SUPPORTED                 TRUE
                              MULTI_CREDIT_SUPPORTED        TRUE
                              SIGNING_ON                    TRUE

--------------------------------------------------------------------------------------------------