ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

RHEL/CentOS/Oracle Linuxでopen-vm-toolsを入れる

以前、こんな記事を書きました。

Debian/Ubuntuopen-vm-toolsを入れる
http://d.hatena.ne.jp/ytooyama/20130615/1371308333

それではRHEL/CentOS/Oracle Lnuxでopen-vm-toolsを入れるにはどうするかというと、バージョン7とそれ以前で方法が違います。

まずCentOSScientific LinuxOracle Linuxのバージョン7の場合、標準リポジトリーopen-vm-toolsがあるようです。三つのパッケージについてはVMwareのナレッジベースをご覧ください。

CentOSScientific LinuxOracle Linuxのバージョン6の場合は標準リポジトリーには用意されていないので、EPELリポジトリーからepel-releaseパッケージをダウンロードしてインストールしたあと、open-vm-toolsを入れて再起動すれば良いです。

ちなみに6以前のバージョン向けのパッケージはみたことがないので、標準のVMware Toolsを入れるようになると思います。