ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

XenServer 6.5がリリースされていた

XenServer 6.5が1月にリリースされていたのを知り、早速触ってみました。
準仮想化をサポートするOSが結構増えたのと、Ubuntu 14.04.x LTSを準仮想化で動かせるようになったのはありがたいです(→サポートされるOSの一覧は仮想マシンガイドを参照)。

例えば以下のOSをPVで動かせるようになったようです。

XenServerはバージョン6.2からオープンソースになり、基本的に無償で利用できるようになりました。基本的な機能だけでなく、クラスターを組んでVMのライブマイグレーション...なんて言う高度な構成も無償でできます。すごい

ライブマイグレーションとかバズワードになってから大分経ちますが、上手くいった瞬間はやはりワクワクしますね。良い世の中になったものです。