読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

El Capitanをとりあえずいつでもダウンロードできるように履歴を残す方法

MavericksからOS Xは無料で使えるようになりました。しかも毎年リリースされます。そこで問題となるのが1年経つとOS Xのページが刷新され、古いOSはダウンロードできなくなるという点です。でも、一度でもOS XインストーラーをダウンロードしておくとAppleがそのダウンロードの履歴を消さない限り、最終版のOS Xインストーラーがダウンロードできます。実際、2011年にリリースされたOS X Lion(サポート終了)もまだダウンロードできますし...。

とはいえ、バージョンが新しくなるにつれて容量が大きくなるインストーラーをダウンロードするのも大変です(El Capitanなんか6GBですよ...)。しかし、これに対応する方法がありました。それが「Apple IDを入れてダウンロードを開始したらすぐ中断、Optionキーを押してキャンセルし、/アプリケーションフォルダーにあるインストーラーの残骸を消して再起動する」という方法です。これで購入済み履歴に残すことができました。いつでもダウンロードできます。

f:id:ytooyama:20151006002053p:plain

ちなみに会社のMacもEl Capitanにアップグレードしました。いつも新しいOS Xに更新するのは速い方ですが、会社で使っているレーザープリンターが早くも対応していたので更新してしまいました(Yosemiteの頃は少し時間がかかった)。今の所、特に不具合はありません。ちなみにSSD Trimを「trimforce」コマンドで有効化していた状態でOS Xのアップグレードを実行してもアップグレード後もTrimが有効なままでした。SSDユーザーも安心ですね!

そのうち家のサブ機もEl Capitanにして、El Capitan以前のバージョンは全廃したいと思います(古いアプリを動かすみたいなことはしないので、それが可能だったりします)。