ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

XCode 4.3で開発ツール(ex.gccでmake etc..)を使うには

Mac OS Xで何かビルドしたいと思ったら、XCodeをいれるのがこれまでのやり方でしたが、久しぶりにXCode 4.3.x(最新版)をApp Storeからダウンロードして入れたところ、makeコマンドとかが使えないことを知りました。

また、XCode.appのインストール先が/Applicationsフォルダに変わったようですね。

コマンドがつえない件の解決方法ですが、設定画面にある「Command Line Tool」と言うものを入れると良いみたいです。

「Install」ボタンを押すと、Apple Developer IDが必要らしいのでここで登録する。
登録したApple Developer IDを入力する。

「Command Line Tool」がインストールされます。

これでようやく、makeコマンドなどが利用可能になり、ソースからインストールなどができるようになります。なお、XCode本体でiOS 4.0もしくは3.0向けのソフトウェアを開発したい場合もオプションになっているので注意すべきのようです。