読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

CentOS 5.7のインストーラにバグ。OpenOfficeをインストールすると途中でファイルの破損エラーが出る問題

centos

CentOS 5.7のインストーラにはバグがあります。この問題はCentOS 5.7を既定のままインストールした場合、OpenOfficeをインストールする際に日本語言語でCentOSを使うように設定したあと、OpenOfficeをインストールするように選択した場合、以下のようなメッセージが表示されると言うものです。

Retrying Package download.

またしばらく待つと、ファイルの破損エラーが表示されます。

ファイル openoffice.org-langpack-ja-JP-3.1.3-19.5.el5_5.6.x86_64.rpmを開けません。ファイルが見つからないか、パッケージやメディアが破損している可能性があります。インストール元を検証してください。

終了するとシステムは矛盾した状態となり、再インストールを必要とする可能性が高くなります。

■回避策
OpenOfficeCentOS 5.7をインストール後、yumを使って導入する
・独自に差し替えたバージョンのディスクイメージを作成して、そのイメージを使ってインストールする
CentOS 5.7以前のディスクイメージでインストールして、yum updateを行う

■バグの報告について
この問題はすでにバグトラックシステムに登録されています。

■補足情報
インストーラopenoffice.orgの各言語パックのバージョン3.1.3-19.5.el5_5.6.x86_64.rpmを要求していますが、ディスクイメージのディレクトリをみる限り、バージョン3.1.1-19.5.el5_5.6.x86_64.rpmの言語パックしかありません。