ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Mac版VirtualBox 4.0で共有フォルダをゲストのLinuxで使う

7/25/2015
VirtualBox 5.0でも同様に対応可能でした。

VirtualBox 4.0以降では共有フォルダを自動マウントできるようになりました。

たとえばMacで~/uploadというフォルダをVirtualBox用の「共有フォルダ」として設定して自動マウントするように設定すると、ゲストからは/media/sf_uploadという場所に自動マウントされるのですが、そのままでは/media/sf_uploadはroot権限でないと読み込みできません。

[解決策]
sf_uploadフォルダはroot:vboxsfという権限が設定されているので、vboxsfというグループにユーザーを追加するとアクセスできるようになります。

たとえばあなたが"user"というユーザーを使っている場合は、vboxsfグループに"user"を追加します。

Ubuntuとかでは

$ sudo gpasswd -a user vboxsf

sudoを設定していないLinuxでは

$ su -
# gpasswd -a user vboxsf

コマンド実行後はいったんログオンしなおすと、/media/sf_uploadに追加したユーザーでアクセスできるようになります。