ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Smart Surfing for iPhone OSというブラウザを試す

Smart Surfing for iPhone OSという米トレンドマイクロiPhone向けに出しているブラウザがあると聞き、早速使ってみました。

Safariとの違いは、ウイルスバスターの機能である「URLフィルタ」が付いたモバイルブラウザと言った点。危険なサイトは以下のようにブロッキングされます。

↑昔懐かしのgoggle.comブロッキング...の図。


■使ってみた

・ちなみに、Wikipediaを開くとモバイル版が表示されました。

・ブックマーク機能はSafariと独立しています。タブ機能はSafariと操作性は変わらない感じでした。

・設定画面については、フィルタリングのオン・オフ、保護のレベル設定くらいしかありません。

なお、最近のブラウザでは当たり前にあるような「検索バー」はありませんが、「ロケーションバー」に文字列を入れると、過去に見たページの履歴検索は出来るようです。


■ちなみに使用感は?

Safariと比べると、ページを開く際にフィルタリングが働くため、ページ表示が若干遅い感じです。ただし、「https://mixi.jpがやたら重い」以外は、色々なサイトを見ましたが問題なさそうです。

iPhoneのすぐ出来るセキュリティ対策の一つとして有効そうです。