読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ytooyamaのブログ

サーバ構築とか、仕事で発見したこととか、趣味のこととかを書いています。

Linux

CentOS7でNICのBondingを行うには

重要なこと CentOS7はNetworkManagerが標準で実行されています。ここは元となっているRed Hat Enterprise Linux 7でも同様です。もしNetworkManagerを有効の状態でBondingを行なってもよければ、NetworkManager GUI、nmcliコマンド、nmtuiコマンドなどで設定…

Parallels Desktop 12で動くOSについて

Parallels Desktop 12にFedora 25とかopenSUSE 42.2を入れてParallels Toolsを入れたらうまく動かないから調べたらサポート外だったというオチでした。 http://download.parallels.com/desktop/v12/docs/en_US/Parallels%20Desktop%20User’s%20Guide.pdf Vir…

Red Hat Developer Programのデベロッパー登録の更新

去年の3/31に発表されたRed Hat Developer Programの無償化。これに伴って、デベロッパー登録するとRed Hat社の豊富なドキュメントへの閲覧権限やRHELを利用する権利が提供されるようになりました。このプレスリリースを見てデベロッパー登録をした人も多い…

RHELやCentOSなどでPython 3を使う

Python 3の環境をCentOS 7で作るのは大変と聞いたのでブログにまとめようと思いました。 Python 3環境をLinuxで作るんだったら迷わず FedoraやUbuntu、openSUSEをオススメします。これらは比較的新しいパッケージを提供するためです。 ただし、どうしてもRed…

LinuxでUSBシリアル変換ケーブルを使ってシリアル接続する

USBシリアル変換ケーブルはスイッチやルーターの設定をするときに使うと思います。 たいていの場合、Windows + TeraTermの組み合わせで使うと思うのですが、この組み合わせの欠点はドライバーをインストールしなければいけないという点が挙げられると思いま…

USBメモリーでLinuxインストールメディアを作成する

いくら待っても終わらない場合は 別メーカーや別機種のUSBメモリーに変更するといいと思います。 最近のOSはISOイメージでインストール用イメージを配布することも一般的になりました。 昔だったらDVD-RとかRWとかにイメージを書き込んでディスク起動してい…

psshなんてものがあるのか

psshというものがあることを偶然知りました。 blog.livedoor.jp 要するにSSHコマンドの並列実行ができるコマンドなんだそうです。使い方は上記URLに任せることとして、早速使ってみることにしました。 今回インストールにはUbuntu Server 16.04.1を使いまし…

章分けしたMarkdownファイルを結合する

catコマンドはテキストファイルの表示によく使われますが、catコマンドのもう一つの使い方として「ファイルの結合」という役割があります。具体的にはこんな感じ。 $ echo "く" > a $ echo "ま" > b $ echo "み" > c $ echo "こ" > d $ ls a b c d $ cat a b…

今後はnetstatではなくssコマンドを使ってみようと思った

ssコマンドって便利ですね。基本の-antuオプションでTCPとUDPの待受状況を確認したり、-plオプションを指定してポートとそのポートを使っているプロセスの確認をしたりできて便利です。 [root@fedora ~]# ss -antu Netid State Recv-Q Send-Q Local Address:…

rm -rf /の危険シェル芸とやらが話題なので例のコマンドを久しぶりに実行してみた

rm -rf /の危険シェル芸とやらが話題らしいのでCentOS4からCentOS7を使ってやってみました。 シェル芸はできないのでとりあえずコマンドを実行しただけです。 rm -rf /は昔からのLinuxユーザーであれば「ああ、あれね」というおなじみのネタだったりします。…

無償のRHEL Developer Subscription

3/31に無償で利用出来るRHEL開発者向けサブスクリプションの件が発表されたようです。 developers.redhat.com 開発環境の動作環境用に使えるようです。 また、その規制緩和の影響か、ドキュメントやErattaについても無償ユーザーでも閲覧できるようになった…

Oracle Linux Public YUMの話

ダウンロードしたOracle LinuxにはPublic YUMというリポジトリーが設定されていて、新しいパッケージをこのリポジトリーからダウンロードすることができます。 先日MySQL 5.7を触ってみたくてOracle Linux 7をダウンロードしましたが、インストール直後のOra…

Docker管理ツール「Kitematic」をLinuxで動かす

KitematicとはDockerの管理ツールで、もともとはMac版のみリリースされていました。現在はWindows版も公開されているようです。 kitematic.com 先日Githubを検索していたら、こんなページを見つけました。 github.com LinuxでKitematicを動かせるようです。 …

aptコマンドは便利だった

apt-getとapt-cacheのコマンドがひとつでできるaptコマンド(Jessie,Trustyではpurgeを未サポート)ですが、最近「apt update」をやると更新パッケージがあるかないか出力してくれるのに気がつきました。これは地味に便利 (注)ちなみにTrustyのaptはちょっと…

CenOS7とScientific Linux7とOracle Linux7の違い(パッケージ管理編)

yum --security updateコマンドを実行した場合の結果です。すみません。それだけのネタです。 CentOS 7.1 No packages needed for security (パッチにセキュリティフラグなし?) 一方、Scientific Linux 7.1とOracle Linux 7.1はセキュリティフラグのあるパ…

SELinuxを有効化していると公開鍵認証でSSH接続できない?

11/9 23:00頃 初校 11/9 23:54追記 手順に誤りがあったため修正しました。 SELinuxを有効化していると公開鍵認証でSSH接続できない?というツイートを見かけたので試してみた。結果を先にいうと何の問題もなく接続できました。 リリースされたばかりのFedora…

Ubuntuのミラー「jp.archive.ubuntu.com」が遅い問題

Ubuntuのミラー「jp.archive.ubuntu.com」が遅い問題が頻発しています。そのため、Ubuntu ServerもUbuntu Desktopもインストールしてから使い始めるのにものすごく時間がかかるのです。 Fedoraだったらスクフェス2曲分くらいで終わるのに... 特にUbuntu Desk…

雨でした

雨がすごかったですね。おかげでリュックがずぶ濡れになりました。 ...が、iPadは無事でした。 ダブルFinder なんかYosemiteのFinderの動きが変(Finderアイコンをクリックしてもウィンドウが表示されない)なので、強制終了しようとしたらこんな感じになっ…

今日の日記

月曜日なのにすでに疲れが。 歳ですか、これが歳なんですか!? 今日の連射 111/10秒。少し衰えを感じている。 今日気が付いたこと 現時点のPackstackではFedora21/22でKiloは構築できないみたい。 CentOS 7にOpenStack KiloをAll-in-oneインストールすると…

DHCP/DNSサーバーをFedora 22に更新

Fedora 21にもせずFedora 20で動かしていた自分のネットワーク用DHCP/DNSサーバーをFedora 22に更新しました。 Fedora 21にしなかったのは特に意味はないです(Fedora 19がサポート終了したあたりで更新しようかなと思っていたらFedora 22が来たとかそういう…

アップデートがあるかないかrootユーザーでログインした時に表示

LinuxでしょうがWindowsでしょうが、アップデートパッチが公開されたら適用すべきです。特にそれがセキュリティパッチだったらなおさらです。ただ、パッチの自動更新というのは便利な反面、障害の原因になることも多いようです。そこでLinuxでアップデートの…

Dockerで"Error: Get https://index.docker.io/v1/search?q="エラーの回避

dockerコマンドでたまに次のようなエラーが出力されてしまい、dockerコマンド(searchとかpull)がうまくいかないことがあるようです。 $ docker search debian Error: Get https://index.docker.io/v1/search?q=xxx この場合は3つのドメインを/etc/hostsに書…

UbuntuへのSSH接続が遅い件の解決方法

Ubuntu DesktopとかUbuntu ServerにSSHで接続すると、他のディストリビューションよりも遅いと感じる件ですが、UbuntuのSSHDのデフォルト設定でGSSAPI 認証が有効化されているためなんだそうです。 GSSAPIAuthentication GSSAPI ベースの認証をおこなうかど…

RHEL/CentOS/Oracle Linuxでopen-vm-toolsを入れる

以前、こんな記事を書きました。 Debian/Ubuntuでopen-vm-toolsを入れる http://d.hatena.ne.jp/ytooyama/20130615/1371308333 それではRHEL/CentOS/Oracle Lnuxでopen-vm-toolsを入れるにはどうするかというと、バージョン7とそれ以前で方法が違います。ま…

Fedora 21とdnsmasq

以前、Fedora 20でdnsmasqによる簡易DNSサーバーを構築したのですが、先ほどfedupコマンドでFedora 21 Serverにアップデートしたところ、名前解決ができなくなりました。ただFedora 21 Server上では名前解決できるので、どうやら待ち受けポートが原因っぽい…

Ansibleを動かす(初級編)

AnsibleをLinuxで動かすには、pipを使う方法と、ディストリビューション配布のパッケージを使う方法があるようです。 新しいバージョンを使いたい場合はpip、別にとりあえず動かしたいならaptなりyumなり使ってインストールするといいようです。LTSじゃないU…

Re:サーバー構築標準教科書のツッコミ

サーバー構築標準教科書についてツッコミが入った模様です。 実はこの教科書の執筆の時に、全部disableにするのはないんじゃないかという議論がありました(主に私が言いました)。 議論の結果、章末に「SELinuxやファイアウォールは有効化すべきですが、本…

Ubutu Server 14.04.1で公開鍵作成すると文字化けする件

Ubutu Server 14.04.1を日本語に設定してインストール、キーペアを作ったら文字化けしてしまいました。 $ ssh-keygen -t rsa -b 4096 Generating public/private rsa key pair. Enter file in which to save the key (/home/vtjadmin/.ssh/id_rsa): Enter pa…

DHCPサーバーを構築

dnsmasqでDHCP/DNSサーバーを動かしてしばらく問題がなかったのですが、最近、今これを書いているMacBook Proで有線からはDHCPサーバーからIPアドレスを取れるのに無線からは取れないという、奇妙な現象が起きるようになりました。 ちなみにMac以外の機器(i…

Bash ShellShock関連、bash-4.2.53-1.fc20 (FEDORA-2014-12325)のパッチアップデート

Fedoraに新しいbashのパッケージが出ているようです。 「Florian's patches」でピンとくるものがあって調べたら、bashの脆弱性の修正でエンバグしてしまう問題を修正し、上手く動くようにしたパッチらしいです(→参考情報1、参考情報2)。このパッチはセキュ…

SELinuxをオンにしてOpenStackを動かす(前編)

あのスクリプトを使って、2NodeのOpenStack Icehouse環境を構築して問題なく動いたんだけど、今や小規模なOpenStackを動かせてもドヤ顔できないのでSELinuxを有効化してみました。対象とする構成は次のような感じです。間違っていたらごめんなさい。ちなみに…

dnsmasqで簡易的なDHCPサーバーを構築

以前、こんな記事を書きました。 dnsmasqで簡易的なDNSサーバーを構築 http://d.hatena.ne.jp/ytooyama/20140622/1403448229 今日はその環境にDHCP機能を追加してみます。■DHCP設定の追加 /etc/dnsmasq.confに以下のようなDHCP設定を追加します。 #DHCPで配…

Bashの脆弱性を確認するためにサーバー構築してみた

最近話題のGNU Bashの脆弱性(通称"Shellshock")について、暇だったので動作検証してみました。1.CentOS 6.5をインストールし、アップデートの実施は行わずにSELinuxもデフォルト設定のままにする。 # sestatus SELinux status: enabled SELinuxfs mount: /…

Fedoraでサーバーを動かす時のメモ

Fedoraでサーバーを動かす時のメモです。「Fedoraでサーバーを動かすって...」という意見につきましては締め切りました。 1.updateリポジトリー YUMのupdateリポジトリーはデフォルト設定のままだと遠くのサーバーばかりを参照するので、baseurlに次のように…

dnsmasqで簡易的なDNSサーバーを構築

【14/10/3追記】 「dnsmasqで簡易的なDHCPサーバーを構築」はこちら http://d.hatena.ne.jp/ytooyama/20141003/1412345557 LinuxでDNSというとBINDがすぐに思い浮かびます。 DNSサーバーを構築する時の選択肢は、最近は色々増えてきましたが、家の環境で名前…

Fedora 20 vs Debian 7.5 vs Ubuntu Server 14.04 IPアドレスは適用できるか

2015/6/1 注記 最近ツイートされたので現状を説明すると、 最新のUbuntu Server 14.04.2+Updateではここで問題として取り上げている現象は起きないことを確認しています。 設定を書き換えた後、ifdown eth0; ifup eth0とやれば反映されます。複数NICがある場…

Fedoraでコンソール解像度を変更するには

FedoraでCUIインストールした場合のコンソール画面の解像度を指定するには、/etc/default/grubのGRUB_CMDLINE_LINUX= の行に、vga=xxxを追記する。xxxに指定する数字は例えば以下。 771 800x600x8bit 773 1024x768x8bit 775 1280x800x8bit 私は771を指定する…

Ubuntu 12.04.3でLinux Kernel3.8系からLinux Kernel 3.2系への移行

なんで古いのに移行するんだ!...と思われるでしょうが、自分が使っているZBOX nanoがVIA nano X2 U4025というCPUを使っていて、次のLinux Kernel 3.11系だと起動した瞬間にログイン画面で固まってしまう現象が発生しているのと、Linux Kernel 3.2はLTSのカ…

すんごい軽量化したGNOMEデスクトップ環境を構築する方法(Scientific Linux6編)

軽量化したLinuxデスクトップ環境がほしくて調べたところ、Scientific Linux 6.4のLive Mini CDを使うのが良さそうだったので、これを使ってインストールしたあと、自動で色々やってもあるために汚いスクリプトを書いたので公開してみます。 #ホント汚いです…

Debian/Ubuntuでopen-vm-toolsを入れる

VMware製品で仮想化する時にゲストOSにインストールする「VMware Tools」ですが、開発環境をいれたりカーネルヘッダーパッケージを入れたり、Perlをいれたりと結構面倒だったりします。ただ、DebianやUbuntuではOpenVM Toolsと言うものがあって、インストー…

日経Linux 2013年6月号のCentOS 6.4記事について補足

先日発行された日経Linux 2013年6月号ですが、連載のほか、CentOS 6.4に関する記事を書かせていただきました。 スペースの都合で記事に含められなかったところをブログに書きたいと思います。■デスクトップ環境「GNOME」を追加する CentOSをサーバー運用する…

2013/4/30 tooyama.orgコンテンツの更新

先日構築したBIND 9.8ですが、やたらファンが回っているなと思ってSSH接続してtopコマンドを実行したところ、namedが120%のCPUを使っていました。一時的に高いのかなと思ってサーバーを監視をしてみたのですが、1時間たっても使用率は変わらず完全に張り付い…

CentOS 6 Minimal/Scientific Linux 6 Liveイメージでインストール後、デスクトップ環境を削除・インストールする

CentOS 6のMinimalインストールやScientific Linux 6 Liveイメージによるインストールは結構簡単で重宝しているのですが、Scientific Linux 6 Liveイメージによるインストールはデスクトップ環境も一緒に入ってしまうため、ランレベル3で主に使うサーバーと…

日経Linux 2013年5月号のFedora 18記事について補足

日経Linux 2013年5月号では今回、2つ記事を書かせていただきました。一つはLPICに関する連載でディレクトリとファイルシステムについて書かせていただいてます。もうひとつの企画のテーマは「仕事で使うFedora 18」でした。Fedora 18はインストーラーがかな…

自宅サーバーのDebianにcron-aptを仕掛けたら

こんなメールが来てました。 もちろんメールできたんでは無くて、cron-aptが発行したメールだろうけど MIME-Version: 1.0 Content-Type: text/plain; charset="utf-8" Content-Transfer-Encoding: 7bit Subject: apt-listchanges: news for debian2 To: root…

Debian 7 Beta 4 試用レポート

Debian 7 Beta 4がリリースされていたので使ってみました。とりあえずMacBook Pro上のVMware Fusion 4.1.4にdebian-installerのサイトからダウンロードしたisoイメージを使って今回は32ビット(i386)版をインストールしました。インストールにはmulti-arch版…

Scientific Linux 6.xのLiveMiniCDでインストール後に日本語入力可能にするための手順

Scientific Linux 6.xのLiveMiniCDでインストールすると、GNOMEではなく、IceWMというウインドウマネージャがインストールされる。今回はこのWindow Managerで日本語入力を可能にするまでの手順をメモしておく。 まずは必要なコンポーネントが入っているか確…

Ubuntu 12.10をVMware Fusion 4.1.4に入れてみた

Ubuntu 12.10をVMware Fusion 4.1.4に入れてみました。 インストールは特に引っかかることなく終わったのですが、インストール後の再起動で引っかかりました。 何分待ってもこのままだったので、仮想マシンを強制シャットダウンしました。その結果、一応イン…

Debian 6.0.6がリリースされていたんですね。

ミラーサーバーを別の用事で見ていたら、Debian 6.0.6がでているのを発見。ダウンロードしようと思ったんだけど、何かもうすでにDebian 6.0.6になっていました。いつの間に。 tooyama@debian2:~$ cat /etc/debian_version 6.0.6

家用サーバーを切り替えました

家サーバー用にZOTAC ZBOX nanoを以前買っていました。 諸事情によりしばらく放置していたのですが、今日しかないと思い立ち、開封。よーし、開けるぞ twitter.com/ytooyama123/st…— ytooyama(群玉県)さん (@ytooyama123) 9月 17, 2012 メディアセンター用の…